最上稲荷

最上稲荷

お知らせ

2022.03.09

「縁の末社で両縁参り」の93回目が行われました

寒の戻りで冷たい風が吹いた3月7日、28名の参加者を得て、今年2回目の「縁の末社で両縁参り」が行われました。今回も、マスクの着用をお願いし、密を避けるため一回の参加人数を制限し、3組に分かれて実施しました。寒い中、お待ちいただいた皆さんにはご理解ご協力をいただき、感謝いたします。

定刻の午前11時を少し早めて1組目がスタートしました。今月は奇数月ですので縁引天王さまの前で僧侶が参加者へお浄めを行った後、離別さま、縁引さまの順に正式参拝の方法を案内しました。その後、ホールにて縁にまつわる話やひなまつりについての法話が行われ、縁御守の授与をもって終了しました。また、参加者限定で縁引さま・離別さまの御朱印の授与も行われました。

今回は初参加の方が半数を占めました。「丁寧でわかりやすかった、体験して良かった」という感想が多数寄せられたほか、「気持ちを整理することができてスッキリしました」「パワー(元気)をもらえた気持ちになりました」というお声も見られました。

皆さんにより良き縁をおつなぎしたい…。詳しくはこちら の「毎月7日に、縁体験。縁の末社で両縁(縁結び&縁切り)参り」をご覧ください

TOP

TOP