最上稲荷

最上稲荷

お知らせ

2022.02.08

今年初めての「縁の末社で両縁参り」が行われました

毎月7日は縁体験! 今年初めての「縁の末社で両縁参り」が行われました。いよいよ10年目を迎え92回を数えます。今回も、新型コロナウイルス感染防止のため、38名の参加者にはマスクの着用をお願いし、密とならないよう4組に分かれての正式参拝となりました。

午前10時45分、定刻を早めて1組目の両縁参りが始まりました。今月は偶数月ですのではじめに離別さまの前でお浄めが行われ、僧侶の案内に従って離別さまへお参りし、縁切撫で石へ願いを撫でつけ縁切札を奉納しました。続いて縁引さまへお参りした後、良縁撫で石を撫でた後に縁結絵馬を奉納し、正式参拝は終了です。その後は場所をホールへ移し、縁にまつわるお話とともに今年の干支についての法話が僧侶よりなされました。

参加者からは、「今までこのような体験をしたことがなかったので、新鮮でした。丁寧に教えてくださってありがとうございました」「1回の人数が10人くらいだったので、スムーズにお参りが出来て良かったです」「前回のお参りはフラれたばかりでつらい時でしたが、その後ステキな人と出会えました。ありがとうございました」という感想が寄せられました。

1組あたりの参加人数を制限しているため、お待ちいただきました皆さんにはご理解ご協力いただき、ありがとうございました。

今年も皆さんに良縁を結んでいただけるよう、毎月7日に「縁の末社で両縁参り」を実施いたします。詳しくはこちら の「毎月7日に、縁体験。縁の末社で両縁(縁結び&縁切り)参り」をご覧ください

TOP

TOP