最上稲荷

最上稲荷

ご祈祷・ご供養コース

①仁王門 におうもん

仁王門

門前町を抜けると正面に現れるのが、1950年に山火事で焼失・再建された仁王門。インドの殿堂様式を取り入れた石材建築の門は全国でも珍しいので必見。

②納札堂 のうさつどう

納札堂

当山で受けられた前年までのお札・お守りや、祈願成就したお札があればこちらに。納められたお札は、年に一回のお火たき大祭で丁寧に供養されます。

③御水舎 おみずや

お参りに備えて、まずは手と口を清めましょう。
最上三神の脇神、水を司る「八大龍王尊」にちなみ、御水舎には今にも動き出しそうな龍像が。

④祈祷受付 きとううけつけ

祈祷・供養の申込みをしてください。お札のみの授与も可能です。

⑤-A 本殿(霊光殿) ほんでん(れいこうでん)

◎祈祷の方

本殿内で祈祷を受け、お札をお受け取りください。
所要時間 約15分

⑤-B 根本大堂 こんぽんだいどう

◎供養の方

僧侶と同行で根本大堂にて供養を行います。
所要時間 約30分
※必ず事前にご予約をお願いいたします。

同行を希望されない場合は、お申込翌日の朝のお勤めで
懇ろにご供養をいたします。

TOP

TOP