最上稲荷

最上稲荷

ご供養のご案内

先祖を敬い、生命を大切に想う心

私たちの毎日には、楽しいこともあれば辛いこともあります。もっとも楽しいことの一つは出会いではないでしょうか。反対にもっとも辛く悲しいことは別れであろうと思います。特に家族や親友の「死」という別れほど辛く悲しい事はありません。誰でもいつかは訪れる「死」それは生命(いのち)あるものの自然の摂理とはいえ、言葉では言い尽くせぬ深い悲しみがあります。
供養とは、故人の冥福を願い、心をこめて祈ることです。残された私たちが悲しみを乗り越えて真の安らぎ(安心:あんじん)を得るためにも、心をこめて供養を行うことが大切です。

先祖供養

ご先祖様の魂を、お経をあげて供養します。故人との懐かしい記憶を思い出しながら、心からの感謝を捧げましょう。

水子供養

この世に生を受けることのできなかった魂を供養します。根本大堂の敷地内にある水子観音では、毎月第4土曜日(ただし12月と1月を除く)に月例祭が行われます。

TOP

TOP