最上稲荷

最上稲荷

観光参拝コース

①仁王門 におうもん

仁王門

門前町を抜けると正面に現れるのが、1950年に山火事で焼失・再建された仁王門。インドの殿堂様式を取り入れた石材建築の門は全国でも珍しいので必見。 

②納札堂 のうさつどう

納札堂

当山で受けられた前年までのお札・お守りや、祈願成就したお札があればこちらに。納められたお札は、年に一回のお火たき大祭で丁寧に供養されます。 

③御水舎 おみずや

お参りに備えて、まずは手と口を清めましょう。
最上三神の脇神、水を司る「八大龍王尊」にちなみ、御水舎には今にも動き出しそうな龍像が。 

④本殿(霊光殿) ほんでん(れいこうでん)

間口、奥行、梁高ともに24mという堂々たる大建築の本殿。最上位経王大菩薩をはじめ最上三神をお参りしたあとは、おみくじをひくもよし、絵馬を奉納するもよし。本殿裏の石彫作品「生命の連環 法華経より」も見どころ。

本殿(霊光殿)

⑤旧本殿 きゅうほんでん

旧本殿

本殿とは対照的に、拝殿と本殿が分離した中世神社様式の旧本殿。周囲には諸天王のお社「七十七末社」が並んでいて、幽玄な雰囲気に浸ることができます。

⑥七十七末社 しちじゅうしちまっしゃ

旧本殿を取りまくように、最上さまに仕える諸天王が祀られています。そのご利益は厄除、建築、縁談、安産、商売繁盛など実に様々。一つ一つのお社に線香をあげましょう。最後の五社は旧本殿東側の脇道に建てられているので、忘れずに。 

⑦祈祷受付 きとううけつけ

⑦売店「幸運ショップ ゆかり」 ばいてん

売店 幸運ショップゆかり

広くきれいな店内には、交通安全や商売繁盛などのお守りや、祈祷済みの縁起物がずらり。
家族や友達への贈り物にも最適。

⑧題目岩 だいもくいわ

高さ8mの大岩。
お題目が刻まれている。 

⑨巌開明王 がんかいみょうおう

報恩大師がご修行の際に端座された岩(巌)の一つが割れ、清水がわき出したという伝承に由来します。 

⑩八畳岩 はちじょういわ

最上位経王大菩薩が降臨したという聖地。 

⑪根本大堂 こんぽんだいどう

祈祷が主に行われるの本殿に対して、主に供養が行われる根本大堂。敷地内には比島観音像と水子観音像もあり、日々大切に慰霊されている。静かな気持ちでお参りしよう。

⑫顕妙閣 けんみょうかく

最上稲荷の宿坊。部屋からの吉備平野の眺めは最高です。

⑬寒松庭 かんしょうてい

平成18年(2006)に作庭家 齋藤忠一氏監修のもと生まれ変わった庭園です。 

⑭門前町 もんぜんまち

参道にお土産や縁起物など、様々なお店が並びます。最上稲荷のもうひとつの魅力です。 

TOP

TOP