最上稲荷

最上稲荷

お知らせ

2022.09.07

「縁の末社で両縁参り」の99回目が行われました

台風の影響もあってか徐々に秋の気候となりつつある9月7日、縁の末社において99回目の開催となる「縁の末社で両縁参り」が行われました。今回も新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、お集まりいただいた14名の参加者の皆様には手指の消毒、マスクの着用にご協力いただきました。

午前10時50分、定刻をすこし早めて両縁参りが始まりました。今月は奇数月ですので縁引天王さまの前で参加者のお浄めが行われた後、僧侶による案内により離別さま、縁引さまの順に参拝が行われました。

参拝後に寺務所ホールにて行われた法話では、普段の生活の中での運気の上げ方や「布施行」についてのお話などがなされ、最後に縁御守の授与をもって終了しました。また、参加者限定で縁引さま・離別さまの御朱印の授与も行われました。

参加者からは「お参りの作法や終了後の法話など、とても勉強になりました」「心静かにお話を聞くことができました。ありがとうございました」「縁御守を授与頂きまして、とても心強いです。また参加したいです」などの感想が寄せられました。

皆さんにより良き縁をおつなぎしたい…。詳しくはこちらの「毎月7日に、縁体験。縁の末社で両縁(縁結び&縁切り)参り」をご覧ください。次回以降も引き続き事前予約受付制となっておりますので、よろしくお願いいたします。

TOP

TOP