最上稲荷

最上稲荷

お知らせ

2022.04.08

「縁の末社で両縁参り」の94回目が行われました

4月7日、「縁の末社で両縁参り」が開催され、県内外より30名が参加されました。先週満開となった境内の桜は早くも散り始めており、快晴の空のもと花びらが舞う中での風情ある両縁参りとなりました。
午前10時45分、定刻を少し早めて1組目のお参りが始まりました。今回も参加の皆様にはマスクの着用をお願いし、密とならないよう1組の人数を15名に制限して実施しました。偶数月の今月は離別天王さまの前でお浄めが行われた後、僧侶の案内を受けながら離別さま、縁引さまの順に正式参拝が行われました。参拝後はホールにて法話がなされ、縁御守の授与をもって終了しました。また、参加者限定で縁引さま・離別さまの御朱印が授与されました。
参加された皆様からは、「お参り後、清々しい気持ちになれました。良縁に出会えることを願っております」「毎回素晴らしいお参りをさせて頂き有り難うございます。不思議な体験もいっぱい頂き、このお参りを楽しみにしています」「2回目の参加になります。前回のお参りが良かったので、知人に紹介して一緒に参りました」などの感想もいただきました。
皆さんにより良き縁をおつなぎしたい…。詳しくはこちらの「毎月7日に、縁体験。縁の末社で両縁(縁結び&縁切り)参り」をご覧ください

TOP

TOP