最上稲荷

安心 心安らかに

令和五年節分豆まき式のご案内

このたびの「節分豆まき式」は三年ぶりの開催となります。この行事は、世の厄災を払うとともに、参詣者をはじめ人々の健康と幸せを願って豆をまき、福を呼び込む行事です。安心安全にこの行事を終えることができますよう、できうる限りの感染防止策および雑踏事故回避策をとって行いますので、皆様方のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

豆まけば運開く 節分豆まき式

【日 時】
令和5年2月3日(金)午前10時より正午まで
約750人の福男福女が、「百大黒・松・竹・梅・祝寿組」の5組に分かれて行う予定です。

【場 所】
最上稲荷本殿(霊光殿)- 結界廊

【吉例ゲスト】

【特 色】

  • 使用する福豆は約10万袋(約2トン)。福豆の袋に貼ってある「福くじ」(シール)に特から3までの記入があれば豪華福品(ペア旅行や商品券など)と交換できます
  • 当山の豆まき式では「鬼は外」と言わず「福は内、福は内」と言います。これは鬼を追い払うのではなく、当山ご本尊である最上尊の大慈悲心によって悪鬼をも善心に立ちかえらせようというものです

豆を拾われる方へのお願い

  1. 節分当日は大勢の参拝者がお見えで、豆まきは大変混雑し、転倒などの危険があります。前の方を押すなどの行為はお控えください。また、お子様連れやご年配の方には「福豆手渡しコーナー」にご移動いただくようお願いいたします
  2. 以前の豆まき式で混雑に紛れて女性に不快な思いをさせる行為がありました。岡山西警察署のご指導により、「女性」・「男性」の二つにエリアを分けまして豆を拾っていただいております。皆様方のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします
  3. 雨天の際には、レインコートの着用をお願いいたします(危険防止のため、傘のご使用は禁止といたしておりますので、ご了承ください)
  4. 新型コロナウイルス感染拡大防止策にご協力をお願いします。詳細はこちら

福男・福女 募集中!

男女・年齢を問わず、どなたでも福男・福女として福豆をまくことができます。
※小学生以下のお子様はご遠慮ください。

節分というと「干支や厄年の方のみでは?」というイメージが強いのですが、最上稲荷では縁起物として、一年の開運招福を願うためにどなたでもご参加いただけます。
参加された皆様から「素晴らしい記念になった」「来年も是非参加したい」とうれしいお声もいただいています。
お知り合いの方、ご夫婦など、また会社などの団体での皆様のご参加をお待ちしております。

特に、令和5年にオススメしたい方

◆祝い歳を迎える方
 還暦 61歳(満60歳)・・・・・昭和38年生まれの方
 古希 70歳 ・・・・・・・・・・・・昭和29年生まれの方
 喜寿 77歳 ・・・・・・・・・・・・昭和22年生まれの方
 傘寿 80歳 ・・・・・・・・・・・・昭和19年生まれの方
 米寿 88歳 ・・・・・・・・・・・・昭和11年生まれの方

◆厄除けを祈願されたい方
 男性厄年
 昭和56年(後厄)・57年(大厄)・58年(前厄)、平成11年(中厄)生まれの方
 女性厄年
 平成2年(後厄)・3年(大厄)・4年(前厄)・17年(中厄)生まれの方


◆1年間の商売繁盛・開運招福・無病息災などを祈願されたい方

◆人生の節目を迎え心機一転を期する方

接待内容

  • 特別祈祷(各組ごとに専用の衣装-大黒姿、裃、陣羽織-を着けて、本殿にてご祈祷を受けます)
  • 桟敷(結界廊)からの豆まき(境内を埋め尽くす参詣者に向けて福豆袋を盛大にまきます)
  • 記念写真撮影(吉例ゲストとともに各組ごとに行います。ご購入は別途有料で承ります)
  • 特別記念品の授与(特別祈願札の他、ご家庭で楽しめる豆まきのお品などをご準備します)

◆お楽しみ抽籤◆
福男・福女の中から抽籤で

東京ディズニーリゾート1泊2日ペア旅行を1名様にプレゼント!

特別衣装について

百大黒組(大黒様のお姿で)

松・竹・梅各組(裃のお姿で)
※組によって裃の色は違います。

祝寿組のご案内

「祝寿組」は祝い歳を迎えられる方の特別な組です。
還暦(61歳)に加え、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)の方々が対象となります。
ご夫婦でのご参加、お友達を誘ってご参加など、節目の年にふさわしいちょっと華やかな特別な思い出を作ってみませんか。また、ご両親へのお祝いのプレゼントとしてもオススメしております。

還暦の方
(祝い色の陣羽織のお姿で)

還暦は赤色、古希・喜寿は紫色、傘寿・米寿は黄色の陣羽織となります。

出仕志納金

お一人様 30,000円以上

定員

各組150名様ずつ(先着順)
ただし、

  • 祝寿組150名のうち、古希と喜寿併せて20名程度、傘寿と米寿併せて20名程度となります
  • 百大黒、松、竹、梅組は当山で組み分けさせていただきます

お申込方法

  • ご案内をお送りしますので、必要事項をご記入の上、ご返送ください
  • お申込内容を確認の上、郵便振替用紙をお送りします
  • 1月末頃にご案内状一式をお送りします(受付時間や場所等のご案内)

受付締切:令和5年1月20日(金)必着【先着順】
※定員になり次第締め切りといたしますので、お早めにお申し込みください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する当山の取り組みと、参詣者の皆様へのお願いについて

※感染状況によっては、追加や変更がある場合がございます。

当山の取り組み

  • 本殿入り口や祈祷受付、幸運ショップゆかりなど各所にアルコール消毒液を設置しております
  • 本殿は常時扉を開けて換気を行っております。その他の建物においても換気を行っています
  • 職員へ手洗い、うがい、マスク着用、検温など体調チェックの徹底を指示しております
  • ご祈祷時の撰経によるお加持ですが、参拝者の身体に直接触れる行為は中止しております
  • 御水舎(本堂広前、納札堂西)は流水でのご使用となります

皆様へのお願い

  • 節分当日は、本殿・結界廊前のエリアへの出入りは一方通行となります。入口は1か所のみで(西階段を上り、御水舎の前の特設テント。受付は7:30から開始)、入場の際はマスクを着用のうえ、検温および手指消毒にご協力をお願いいたします。お帰りは、中央階段を下ってください
  • 発熱や咳など、風邪の症状がある方は、参拝をご遠慮ください
  • 登壇者への度重なる呼びかけなど、大声での発声はお控えください
  • 本殿でご祈祷を受けられる時や、ゆかり、大客殿に入られる際には、検温の上、必ずマスクの着用をお願いいたします。また、祈祷受付へお越しの際にも、マスクを着用ください
  • 境内では、手洗いや手指消毒、マスク着用、咳エチケット、社会的距離の確保など、感染防止へのご協力をお願いいたします。また、係員がご協力をお願いした際にご理解いただけない時は、会場から離れていただく場合がございます

お問い合わせ

最上稲荷総本山奉賛会事務局(参拝事業部)
TEL:086-287-3701
FAX:086-287-5252
9:00~16:30

TOP

TOP