最上稲荷

最上稲荷

境内のご案内

石彫

彫刻家・よしもと正人氏の作品で「生命の連環(いのちのれんかん)-法華経より」と名付けられています。縦8m、高さ8m、横24mの規模を有し、平成10年(1998)に完成しました。

TOP

TOP