最上稲荷

最上稲荷

最上徳目(毎日の心がけ)

日々の実践 最上徳目

最上稲荷では、「一人でも多くの方が、いつ、どこででも、善行の実践ができるように」と、『最上徳目』を掲げています。これは、妙教寺二十三世最妙院日宣聖人が昭和26年(1951)に提唱され、最上信徒の実践項目として掲げられてきました。
心豊かな生活と平和な社会の実現を目指し、毎日の暮らしの中で『最上徳目』の実践を心がけましょう。

一に信心

なにごとも
おがむ心を先にたて

二に空無

なにものも
無いと思えば不足なし

三に忍辱

なにごとも
がまん第一

四に慈悲おじひ

なにごとも
仏ごころで暮らしましょう

TOP

TOP