最上稲荷

最上稲荷

一番御守のご案内

最上稲荷には、「朔日(ついたち)参り」という風習があります。
御本尊の最上さまと結縁するこの日は、より功徳がいただけるといわれ、一日に行う 新たな月の最初の参拝が喜ばれました。

この一日限定で授与される一番御守は、御神木で調整した内符を納めています。
いかなる場面でも一番となることを願う方に、また一番ということから「一番大切な願いが叶うように」や「一番輝けるように」と願われる方にもおすすめしております。

鞄などに入れて肌身離さずお持ちいただき、最上さまの更なる御加護をお受けください。

【奉納料】1体 2,000円以上
【授与期間】
毎月1日限定(詳細は下記の通り)
1月 12月31日 20時00分 ~  1月2日 0時00分まで
2月 1月31日 17時00分 ~  2月1日 17時00分まで
3月以降 前月末 16時30分 ~ 当月1日 16時30分まで

お問い合わせ

最上稲荷 参拝事業部
電話 086-287-3701
(9:00~16:30 時間厳守でお願いいたします)

TOP

TOP